Welcome Ushiku Community Net

牛久弓道会


団体紹介

牛久弓道会の生い立ち
牛久弓道会は、平成元年に故石川一三(教士六段)初代会長を中心として、
数名の弓道愛好家が参集して茨城県弓道連盟牛久市支部として発足しました。
創立当時は、現在の弓道場も無く、運動広場の駐車場や土浦・取手・藤代支部
の弓道場や牛久高校や東洋大附属牛久高校の弓道場を借りての稽古でした。
道場も無い中、東洋大附属牛久高校の道場を借用しての「かっぱ祭り弓道大会」
なども開催して、弓道の普及に努めました。
平成7年3月に、関係者のご尽力により牛久運動広場に弓道場が完成し、現在の
活動の基盤が整備されました。

平成11年度から24年度までの間に、隔年初心者弓道教室を7回実施しました。
おかげで会結成時、片手で数えるほどの会員数が、現在30名になりました。
会員の増加とともにスポーツエンジョイフェスティバルとしての牛久遠的・
近的弓道大会や百射弓道大会などを開催し、会員の実力も向上し続けており
ます。県大会で上位入賞を果たしたり、全国ねんりんピック大会には毎年の
ように、県代表として当会より選手が出場するようになりました。
また、県内の弓道支部主催の大会においても団体優勝や個人優勝者が出る
ようになりました。
          
【遠的大会】


活動目標と主な活動内容
■弓道を「楽しめる生涯スポーツ」とするために『心身の鍛練と健康な体づくりと会員相互の親睦を深めること』を大切にしながら活動をしています。
 (主な活動内容)                   
○定例稽古、月例会                     
○会員の親睦射会(新年、節分、昇段祝いなど) 
○県南地区支部との交流研修会           )
○県内各種大会、講習会への参加
○昇段審査の受審
(稽古内容)
●基本体の習得(基本の姿勢、基本動作の習得)
●射法・射技の基本の研修
●三つの稽古(見取り稽古・数稽古・工夫稽古)


会員構成
■令和2年度会員数(6月20日現在)

   39名(男性24名、女性15名)
         20歳未満 1名
         20代   0名
         30代   3名
         40代   7名
         50代   5名
         60代   4名
         70代以上 19名

【25周年記念射会(2013.4.6)矢渡射手:安藤延典 教士六段】
射手:安藤教士六段



牛久弓道会
ホームページ担当 右近、岡田