Welcome Ushiku Community Net

社会福祉法人 新世会 みのるの郷


団体紹介

障害者施設 みのるの郷
@ 障害者が,地域で生活したり働いたりすることを一緒に考え練習する通所施設で    す。

A 対象は,知的障害者・身体障害者・精神障害者の三障害ですが,主たる障害は知的   障害者です。

B 知的障害者は,生まれつき様々な障害された領域と重さがあり,且つ育った環境に   よって現在の姿があります。

C 障害が同じでも,全く違った理解力や判断力があり,そこから今の行動が出てきて   いると考えています。

D 生まれてから,みのるの郷へ通所するまでに,関った方全員から知っていることを   教えていただきたいです。

E 今,現在を否定することなく,少しずつ地域で生活したり,働いたりするための練   習をしていきます。


代表者挨拶



統合が理念
1. 統合とは,「愛」であると考えています。

@:統合の1つの意味は、「職員・利用者・家族・地域の人々が協働する」ことだと考えています。
協働するということは,「相手の存在そのものを認めること」だと考えています。  存在そのものを認めるということは,「良いことも悪いことも分かった上で、それぞれの良さを信頼すること」だと考えています。

A:統合のもう1つの意味は「より新しいものになる」ことだと考えています。


B:統合の最後の意味は,「完成されたものになる」ことだと考えています。

2. 福祉とは,「人を限りなく愛すること」だと考えています。

「人を限りなく愛する」こととは,自らの未熱性を自覚した時に,他の人を許せるし、愛することができるのだと考えています。
職員は、知的障害者の代弁者としていると考えています。
「代弁者」たるのは、相手を知り尽くすことから可能になると考えています。
そして,「相手を知り尽くす」ためには,「愛」があるから「知りたい」という思いになると考えています。



社会福祉法人 新世会 みのるの郷
〒 300-1217 茨城県牛久市さくら台1-76-3
TEL 029-869-8686 FAX 029-869-8687