Welcome Ushiku Community Net

Sunday Okuno Kappa Academy


日曜および土曜開催イベント


奥野 自然探検(たんけん) 第一回(つづき)
奥野 自然探検(たんけん) 第一回(つづき)



 29年度日曜かっぱ塾の始まりは、認定NPO法人アサザ基金の協力による行事(二回・三回と継続の予定)。13時集合からビオトープでヤゴの幼虫等の探索。採取したいきものの説明を受け、ナス、トマトの植付けや種まき、そして古民家へ。竹を燃やしてホットケーキを焼く。この体験に嬉々とする子どもたち。火を使うところはスタッフによる。帰路は長沼稟りんご園を抜けて奥野小校庭に無事着、解散の運び。アサザさんのスタッフは5名に上りました。往路も復路も、手網をもって道筋を大きく離れない程度でも周囲に興味津々、実に楽しいそうでした。この分なら次回からは、大人の手助けを願いたいもの。日常にない実態が分かります。

 奥野 自然探検(たんけん) 第一回
 奥野 自然探検(たんけん) 第一回

 集合場所・時間までに、親に送られて集まった、1〜4年生の15名。アサザ基金代表飯島さんの顔も見える。リーダー郡司さんにアシスタントの畑山さん。写真はリーダーの説明を聞く子どもたち、そして周囲には大人たち。子どもたちには全員、手網を行き渡らせていた。なんだか一足早い夏休みの虫取り風景のよう。予定通り二中方面への通用門から歩き始める。コースは二中前を抜けて島田方面へ。近くにアサザさんの所有の畑がある。そこになんとビオトープ。早速、網ですくっては、なんだか分からぬまま、そのいきものをバケツに移す。私の見たのはそこまで。以降予定では、野菜の種まき体験、そして最近貸与してもらったという20年来の空き家に誘う。現在、手を入れ住み始めたという。空き家は古民家風カフェでも開きたいと代表は言っていた。さて、ここで、お楽しみがあるがそれは最後まで同行した方からの報告を待つことに。この古民家まので行程、おそらく2キロ弱か?お天気に恵まれた探検になる予感がした。<S.H>


おくのキャンパス応援団
〒 300-1288 茨城県牛久市久野町725(奥野小内)
TEL 029-875-0024 FAX 029-875-1242