Welcome Ushiku Community Net

牛久市視覚障害者福祉協会



     【記事詳細表示】
手びきの会・実技研修に同行 [2017年 4月28日]


4月6日、手びきの会の実技研修に同行しました。
今回は、午前中は雪印メグミルク阿見工場見学と桜の森総合運動公園散策、午後は予科練平和記念館を見学しました。

雪印メグミルク阿見工場見学では、始めに紹介ビデオ上映のあと見学通路に進むと、早くもほのかに甘い香りが。
雪印のプロセスチーズとマーガリンの全商品200種類をここで製造されているとの説明に、一同びっくり。
従業員も500名おられるとのことで、どれだけ大きな工場なのか想像もつきませんでした。
見学の終わりには、阿見工場で製造されたチーズの試食タイムもあって、参加者同士のチーズ談義で盛り上がりました。

桜の森総合運動公園では、桜の満開にはまだ一歩でしたが、広々とした空間と吹き渡る風に心も体もリフレッシュ。

午後の予科練平和記念館見学では、館のガイドの方の案内のもと、予科練の制服の7つボタンになぞらえた7つのテーマの展示室を巡りました。
当時の様子が垣間見えるだけでなく、ここを巣立っていった若者たちが残された日記や手紙からは、家族への愛情やひたむきさがひしひしと伝わってきました。
現代とは違う主義の中、目指すところが違っていたとはいえ、今と変わらぬ価値観も多々あったことに心を動かされました。
また、見学の最後には、視覚障害者の私たちは特別に許され、係員の説明を受けながら、展示品の一部を手袋を付け触らせていただきました。

バス移動中の阿見町の周辺は、満開を迎えた桜がそこかしこに見える中、宝寿会のサークルの皆さんのご参加もあり、とても楽しい春の一日を過ごすことができました。
手びきの会、そして宝寿会のみなさん。どうもありがとうございました。


手びきの会・実技研修に同行
[トップページへ]

牛久市視覚障害者福祉協会