Welcome Ushiku Community Net

おくの地区社会福祉協議会



     【記事詳細表示】
おくのニュース:全員にタブレットPC、5年初使用 [2020年11月22日]


 20日の音楽鑑賞会には早めの南校舎着。学校訪問にはルーチンがある。先ず自宅で検温&マスク着用。学校昇降口で再び検温しアマビエちゃん登録、職員室に顔をだし各教室巡回。2階から3階そして体育館、運動場は見渡すだけ。
 学校運営協議会委員であり19年前からパソコン指導をしてきたから小規模校のこの子達は皆、顔見知り。中には目ざとく私を見つけてサインを送ってくる児童も一人や二人ではない。そのたびに“しっかり先生の方を向け”とお叱りのサイン。
 目的は子ども達の学ぶ姿の観察であり先生の手助けのつもり。20日は5年生のパソコン授業だった。つい最近市長の英断と市教委の努力で文科省のGIGA構想にいち早く取り組み、児童生徒に貸し出したタブレットの初使用。個人毎のタブレットの電源入力(起動)から。予想通り数台は起動不可。これは充電不足の事例で格好の指導につなげる。先生は起動しない児童にはとなりを一緒見るように促す。もっともデータを打ち込んでいる場合はそうはいかない。それだけに使用後の充電装置へのセットには十分に気をつけるようにと指導できる
 WiFiの整備は前日にチェックし問題はなかった。これからは“如何に上手にこのタブレットを使いこなすか”。長年の経験から正直に言うと“ある年配以降のパソコン指導は難しい”。地域でリタイヤした方々の中には操作できる方もおられよう。“ボランティアでのサポートの募集”もあっても良い。それを組織し常駐させる。リタイヤした方に“やりがいの場”としての提供にもなる。<学校運営協議会S.H>


おくのニュース:全員にタブレットPC、5年初使用
[トップページへ]

おくの地区社会福祉協議会
茨城県牛久市正直