Welcome Ushiku Community Net

おくの地区社会福祉協議会



     【記事詳細表示】
おくのニュース:山百合の里林で体験教室 [2020年11月17日]


 この奥野、豊かな自然が残る。70歳前後の同志は“子どものころは山百合が咲き誇っていた”といい、5年前?か、その復活に乗り出した。月一回作業日を設け放置された杉林の整備からはじめて今年も数輪が咲く。地道に復活へ。
 この地を地元の学校の体験教室の場に提供している。今回(11月16日)は,一月前に準備したがその日は生憎の雨で順延した行事。スクリーンを架け、森の教室らしく木の長椅子をおき、この里の物語をビデオに編集して約7〜8分上映した。50メートル先に発電機を置く配慮。体験は、山百合の球根を示し植え方を説明。里の同志が指導してずいぶん目立つ区画に児童一人一人が植え付けた。再来年、彼ら彼女等が6年生になるころ咲きほころう。義務教育以前の4年生や中2生徒のもすでにある。
 本日の4年生授業は5・6時間目だった。球根を植える前に事前に大人が手入れした小枝、風で落ちた枝を拾い集める作業から。大人達は“昔はこの小枝は燃料にしたのだよ”と教えるが、反応は薄い。
 子ども達を見送った後、同志は小休止してまた球根をあちらこちらに植えつけた。明日には、今日の4年生の植え付け地にも案内板を建てるだろう。本日の同志、複数行政区の9名。
 追記)今後、おくの義務教育学校に関わるニュースは《おくのニュース》に、12行政区に関わるニュースは《奥野ニュース》としよう。「奥野」は昭和30年2月に先行合併して誕生した牛久町に加わるまでは奥野村だった。江戸時代関宿藩一藩領地。「奥野村」から「奥野地域」へ。<学校運営協議会S.H>
SNSの記事は、→→こちらから


おくのニュース:山百合の里林で体験教室
[トップページへ]

おくの地区社会福祉協議会
茨城県牛久市正直