Welcome Ushiku Community Net

おくの地区社会福祉協議会



     【記事詳細表示】
地区社協役員会開催 [2020年11月 2日]
 11月1日(日)17時から《令和2年度第2回役員会・第6回執行役員会》が奥野生涯学習センターにて行われた。第2回とか第6回とあるがこれは、行政区長(理事という)も加わる役員会が年6回、執行役員会は毎月開催と言う規約による。この日の出席者は、2行政区からの欠席届。ほかは代理も含め出席。執行役員一名は病欠。
 議事は副会長が報告事項と協議事項とを分離して進行。冒頭は会長挨拶。協議事項は今後の予定から。@サツマイモの収穫作業⇒未収穫の畝を11月7日(土曜)と決定(雨天翌日に順延)し運営委員に案内する。A歳末助け合い⇒75歳以上の一人暮らしの方にささやかな土産を持参して民生委員が訪問する。市社協からの土産の受け取りは12月12日午前、団地とその他(社協事務所)に分けて受領。B地区社協事務所の清掃⇒垣根(生垣)や伸びた草の刈りとりは執行役員ですませたとあり、年末の清掃は12月19日(土)9時から利用者中心にすると。C買い物支援については、熱心な意見交換があった。執行役員は桂、井ノ岡の計4箇所への移動店舗を実見済み。これを受けて島田では希望調査、久野では以前巡回があったが現在中止中とあった。今後のことを考慮すれば、買い物難民増は見込まれるから実施の方向で十分な検討を加えることになる
D規約の郵送改正は約90%の回答率で承認。地区社協名変更は全員。10月23日以降「奥野小地区社協」は「おくの地区社協」に変わった。運営委員について資料付きの反対意見あり。居住民の多い団地(44%)は多く、居住民数によろうという意見で、今後の課題と認識した。

 おくの義務教育学校関連と「おくの地区社協通信」発行で意見を求められた。
●「通信」の巻頭言は会長。このなかに「新地区社協」とか「役員体制の一新とか、令和3年度の新三役の人選を早め新旧三役にて新たな地区社協づくりの検討tと会長の決意がある。
 8月1日の学校運営協議会以降、社協の活動を振り返りと義務教育学校誕生を機会に生まれ変わる地区社協を目指そうと話しあったがそれがこの方向になった。問題点指摘等の経緯にはホームページ上にあるが、正直現役員には耳の痛い報告もある。よくぞこの掲載を認めたもの。このことだけでも変化への決意と受けとめる。今後も変化しようとする限り協力する。
●「通信」やホームページ発信は、正式には令和3年度から引受ける。年度内は“変化しようとする地区社協”のニュースを予行として発信しよう。また令和3年度の通信から、冒頭の記事は各行政区のコーナーとして編集したい。よって情報の提供は区長に頼る。
大略、上記の通り。新おくの地区社協は、新旧それぞれの反省と経験と知恵を織り交ぜて、奥野地区住民が、参加し他区なる方向へ、徐々に変化することとなろう。<担当、団地S.H>
[トップページへ]

おくの地区社会福祉協議会
茨城県牛久市正直