Welcome Ushiku Community Net

奥野小地区社会福祉協議会



     【記事詳細表示】
行政区別児童・生徒数 [2020年10月 4日]


 奥野12行政区毎の人口と地区社協の世話人数を整理してみた。それに、おくの義務教育学校に通う行政区別児童(1〜6年)、生徒(7〜9年生)数を調べ、加える。小規模特認校だから市街部もいる。1年生入学時がもっとも多いのは当然だが他学年への転入生もいる。平成29年度に指定され、前年は試行年だった。29年の1年生は現在4年生。
 先日、転勤で牛久に来られた方のお子さんが二人転入、その両親と偶然一緒になった。「何故、本校を選んだのですか?」。親は英語等特色ある教科を先に言う。子どもはこれまでに来た/編入した子と同じ、“皆が優しく親切で、Well Come”と。
 迎えた子ども達は現在の大人の子。先代、又その先代と代々の人々が、この奥野の風土で育ち人々の気質になっている。人間的に豊かな情を持つ方々。何事にも積極的とは言い難いが力がないわけではない。市街部の子は積極性がある。互いに良い刺激になっているようだ。
 児童の26%は市街部、生徒は17%。多くなっていて奥野の超少子化を補っている。教育委員会は各学年2クラスを目標にしているらしい。奥野の新就学児童は容易に見通せる。最早、奥野の民が、おくの義務教育学校で学ぶ子ども達の教育に手を貸す時代と言うことになる。
 牛久市(以前は牛久町)を形成する旧村の区分で見ると、岡田は今や市の半分以上。牛久も増えているが、抜きん出て減じているのは奥野。
 地区社協は高齢者福祉事業はもとより、設立当初から学校にもさまざま協力している。義務教育学校になったこの際、高齢者福祉と学校支援を二代柱にした社協に見直しても良い。三役はそう考えている。高齢者が高齢者を助け、支えるから、《世代を超えて、誰もが役に立つ》活動のできるようでありたいもの。<学校運営協議会委員・運営委員S.H>


行政区別児童・生徒数
[トップページへ]

おくの地区社会福祉協議会
茨城県牛久市正直