Welcome Ushiku Community Net

奥野小地区社会福祉協議会



     【記事詳細表示】
奥野の魅力アップ活動:有志 [2020年 7月21日]


 本日、社協事務所において13時半から15時半まで14名の奥地有志、アサザメンバーにて、<おくのの魅力を掘り起こす>検討をたたき台にそって議論を交わした。
 社協の事業にするには無理があること。営利目的ではないもののNPOのような母体を作り高齢者を中心に元気のでる活動をしていこうという方向性は出た今後源内の集約からコンセプトづくり、PJT名称は持ち越した。たたき台は網羅的なので趣旨を絞ってコンセプトを作る。
 この有志は、学校運営協議会の自分と社協の会長、副会長、事業委員長とアサザからなる14名で構成しているが、今後は趣旨に賛同する仲間も増えよう。会議後、学校の体験に使っている畑に出向き、スイカの手入れをした。絡んだ蔓をほぐし、葉に日光が当たるように広げ誘導する。成長に差のあることから尋ねると「苗で半作」という言葉を聞いた。できあがるスイカの半分は苗で決まると言うことらしい。
 会議の画像は自分から対角にあるもののみ。実際には自分も右隣にも左隣にもいる。


奥野の魅力アップ活動:有志
[トップページへ]

おくの地区社会福祉協議会
茨城県牛久市正直