Welcome Ushiku Community Net

ゆめまちネット 



     【記事詳細表示】
ボランティア・ふれあいサロンリーダー研修会 [2021年12月14日]
★コロナウイルス感染防止の為、昨年は中止した「ボランティア・ふれあいサロン研修会」(ゆめまちネット・牛久市社協共催)を2年ぶりに再開することができました。2021.12.11(土)午後1:30より感染防止の観点から会場を牛久市中央生涯学習センター文化ホールに求め、座席も二つおきとしました。参加者約140名。

★第一部、基調講演「孤立化を防ぐボランティアの力」(講師:池田幸也氏―茨城キリスト大学 兼任講師・茨城県社会福祉協議会ボランティアアドバイザー)。
メニューに従い、1 現代社会の課題といえば? 2 ボランティア活動の意義 3 ボランティアグループとリーダーの役割 につき詳述いただき、「ボランティア活動が紡ぐ絆」に期待を示されました。池田先生の講演資料の一部を別紙に掲載します。

★第二部のパネルディスカッションで深く掘り下げるという二部構成。パネリストは、ゆめまちネット代表・坂弘毅氏、よっこらせの会代表・平田征雄氏、鳴神元気プラザ代表・滝口光惠氏。池田幸也先生の進行でパネリストが自己紹介と団体活動の状況につき説明頂いた。

★坂弘毅氏は、ゆめまちネット設立準備に2年をかけ、分野が異なる各団体の意思疎通をはかり夢のあるまちづくりを目指し活動。スタート時はメンバーも元気だったので、「ゆめまちメッセ」と銘打ち3年間、1000人のすいとん大会、地域の企業に出店いただき、ピザを楽しんでいただいたり、牛久市の工業団地をPR。さらに、牛久市の民話を文化ホールの大画面に絵本を映し出し、語り部に語っていただきました。(一部、編集部にて追記)
利用度が低かったエスカードホールの活用と市街地の活性化をはかるため、シネマ上映会を牛久市に提案し、毎月1回定期的に会員制の「シネマ上映会」を開催し年配者の方に喜んでいただいている。ゆめまちネット会員は平均75歳以上だが、みんな元気なのであと10年は大丈夫だと考えている。

★よっこらせの会代表・平田征雄氏は、牛久市社協主催の「3級ヘルパー養成講座」に参加した二期生が講座終了後、さらに自主的な勉強会や施設訪問へと活動を広げた。さらに、施設の要望を受け「歌を歌うプログラム」を追加しキーボードで伴奏、利用者さん、施設職員の皆さんと一緒に歌を歌っているが、好評を博している。歌う会もコロナ禍では、活動を休止してきたが、再開に向け施設とも話し合いを始めているのが現状だ。

★鳴神元気プラザ代表・滝口光惠氏は、新しい地域で定年後の自分の生き方、生活の過ごし方に思いを巡らせた結果、「サロン」という結論に至った。鳴神は近くに鳴神神社があることから命名した。(編集部注:掲額には「鳴神天満宮」とある。)鳴神元気プラザの主な活動は、活発体操・シルバー体操・手話・独居者への声掛け等。参加者は、女性中心で男性にもっと参加してほしい。スタッフが少ないのも課題。

ここをクリックしてください

[トップページへ]

牛久市ボランティア市民活動ネットワーク(ゆめまちネット)
〒 300-1292 茨城県牛久市中央3−15−1 牛久市社会福祉協議会内
TEL 029-871-1295 FAX 029-871-1296