Welcome Ushiku Community Net

ゆめまちネット 



     【記事詳細表示】
エスカードシネマ上映会 『憎いあンちくしょう』 2019.7.25 [2019年 7月25日]
★2019.7.25(土)7月度上映会は、『憎いあンちくしょう』は1962年公開の日本映画。蔵原惟繕監督、石原裕次郎、浅丘ルリ子主演。会員122名が鑑賞しました。
蔵原惟繕監督の浅丘ルリ子による典子三部作の第1作目に当たる(他は『何か面白いことないか』(1963年)、『夜明けのうた』(1965年))。
マスコミの寵児である主人公とそれを追うマネージャー兼恋人がジープとジャガーで東京から一般道で日本列島を縦断、阿蘇に辿り着くまでを描く。山田信夫のオリジナル・シナリオによる青春映画であり、日本初のロードムービーともいわれる。半世紀前の国道未舗装にはビックリでした。

★主な出演者は、日活全盛期の若い眩いばかりの俳優陣が出演している。
北大作 :石原裕次郎、榊田典子 :浅丘ルリ子、井川美子 :芦川いづみ、一郎ちゃん :長門裕之、
尾崎宏 :川地民夫
・石原裕次郎は、昭和9年(1934)生まれだから生きていれば御年85になる。浅丘ルリ子は、昭和15年(1940)生まれだから御年79歳。ゆめまちネット会員の皆さんには青春時代に裕次郎や浅丘ルリ子の映画に胸を弾ませることもあったのではないでしょうか。映画の中の裕次郎やルリ子はあなたですよ。映画を見終わった会員さんの顔は、随分と若返ったかのようでした。(筆者注)

★次回8月上映会―8月22日(木)午後2:00〜『オリエント急行殺人事件』
『オリエント急行殺人事件』(オリエントきゅうこうさつじんじけん、原題: Murder on the Orient Express)は、2017年にアメリカ合衆国で公開されたミステリー映画である。監督・主演はケネス・ブラナーが務めた。本作は1934年にアガサ・クリスティが発表した小説『オリエント急行の殺人』を原作としている。

★エルサレムで事件を解決した私立探偵のエルキュール・ポワロが乗車していたオリエント急行の車内で殺人事件が発生する。被害者はその前日にポワロに身辺警護を依頼してきた大富豪、エドワード・ラチェットであった。ラチェットは12カ所を刺されて死亡していた。ポワロが聞き込み調査を実施したところ、乗客乗員の全員にアリバイがあったことが判明する。
事件の捜査は暗礁に乗り上げたかと思われたが、ポワロは天性の直観と丹念な推理で事件の真相を暴き出していく。しかし、衝撃の真相を前にしてポワロは懊悩することになる。真実を優先すべきなのか、それとも、正義を優先すべきなのかと。やがて、彼はある決断を下すことになる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ここをクリックしてください
[トップページへ]

牛久市ボランティア市民活動ネットワーク(ゆめまちネット)
〒 300-1292 茨城県牛久市中央3−15−1 牛久市社会福祉協議会内
TEL 029-871-1295 FAX 029-871-1296