Welcome Ushiku Community Net

ゆめまちネット 



     【記事詳細表示】
エスカーシネマ上映会「雨あがる」 2018.11.22 [2018年11月24日]


★2018.11.22(木)のエスカードシネマは、故・黒澤明監督が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化。剣の達人でありながら人の良さが災いし、思うように仕官になれない浪人をユーモラスに描く「雨あがる」。堅苦しくなく、見終わった後に爽快な気分になれる良質の時代劇。お人好しの浪人を寺尾聰が好演。共演は、宮崎美子、三船史郎、吉岡秀隆、原田美枝子、仲代達矢。時は享保の時代(正徳の後、元文の前。1716年から1736年までの期間を指す。この時代の天皇は中御門天皇、桜町天皇。江戸幕府将軍は徳川吉宗。)浪人の三沢伊兵衛とその妻は、長雨のため安宿に居を構えた。ある日、若侍の諍いを難なく仲裁した三沢は、通りかかった藩主・永井和泉守に見そめられ城に招かれる。三沢が剣豪であることを知った和泉守は、彼を藩の剣術指南番に迎えようとするが…。妻の宮崎美子の所作と最後のセリフにも感嘆。
1999年の第56回ヴェネチア国際映画祭緑の獅子賞を受賞。本日の観賞会員は132名でした。

★次回12月上映会(2018.12.27(木))は、愛知県高蔵寺ニュータウンの一角にある平屋で暮らす津端修一さん90歳、英子さん87歳、風と雑木林と建築家夫婦の物語、「人生フルーツ」を上映します。 以前は、日本住宅公団に勤務していた津端氏は、同ニュータウンの設計を任され自然との共生を目指すが、高度経済成長期の影響により完成したのは大規模で画一的な街だった。その後夫妻はこの地に住み、雑木林を育て始める。風が吹けば、枯れ葉が落ちる。 枯れ葉が落ちれば、土が肥える。 土が肥えれば、果実が実る。 敷地内の雑木林で育てた野菜や果物で得意の料理を手掛ける。時を重ねてきた二人の暮らしを通し、日本が、日本人があきらめてしまった本当の豊かさを探る。ナレーションを樹木希林が担当。2016年3月に東海テレビのドキュメンタリーとして放送され、第42回放送文化基金賞番組部門最優秀賞受賞を受賞した番組を劇場版として再編集。
ここをクリックしてください



エスカーシネマ上映会「雨あがる」 2018.11.22
[トップページへ]

牛久市ボランティア市民活動ネットワーク(ゆめまちネット)
〒 300-1292 茨城県牛久市中央3−15−1 牛久市社会福祉協議会内
TEL 029-871-1295 FAX 029-871-1296