Welcome Ushiku Community Net

傾聴ボランティア ちわわ



     【記事詳細表示】
H24.12.8 鈴木絹英先生講演会 たんぽぽさん報告 [2013年 3月 5日]

7名参加です。

日時   平成24年12月8日
場所   きらくやま ふれあいの館
主宰   つくばみらい市傾聴ボランティア
     「傾聴ほほえみ」&社会福祉法人つくばみらい市社会福祉協議会 
演題   「素敵なコミュニケーションとは」
講師   NPO法人ホールファミリーケア協会 
     理事長 鈴木絹英 先生

盛会の中 ノンストップでの 約2時間 以下のレジメに沿って 熱気溢れる講演内容でした。

○ 話を聴くことの大切さ
○ 「「聞く」と「聴く」の違い
○ 傾聴とは
○ 傾聴の基本的な心構え
@ 聴き上手は 話さない
A情緒的一体感の共有
B共感的理解
C受容的態度
D守秘義務の遵守

「傾聴ボランティアちわわ」発足当初、定例会で先生の著書をテキストに使用させて頂きましたので 大変興味深い内容となりました。

「ケア」とは介護ではなく 相手の生きる力を支えるものであること
人間には自分の人生決定の願望があり、人生の主人公は自分であるので 相手の答え(結論)が出るまで よく話を聴き、否定や反論はせず 相手の心のオリがなくなるまで 待つ。
そうすれば お相手は 人の意見を素直に聞くようになり自分で 気付き 自分で答えを出し、納得ができ、それが 行動となる。
即ち 自立支援になる。

今回の講演で 「傾聴とは あくまでも 話の主人公は お相手であり、ひたすら聴くことに徹することの大切さ」を 痛感しました
[トップページへ]

傾聴ボランティア ちわわ