Welcome Ushiku Community Net

NPO法人 リーブルの会



     【記事詳細表示】
 【夏休み子ども一日図書館員体験感想文 その5】 [2010年10月22日]


8月3日(火)から6日(金)まで、市内の小学5・6年生15人が、夏休み子ども一日図書館員として、カウンターでの貸出、返却、本のフィルムコートなどを体験しました。体験終了後書いてくれた感想文を、6回に分けて掲載します。

『子ども一日図書館員をやって』
向台小 五年 武輪沙菜
 八月三日、火曜日に、牛久の図書館で、牛久小学校の五年生の女の子と、一日図書館員体験をしました。このような体験を応募したのは初めてで、すごく不安でした。だけど図書館の人達がやさしく教えてくれたりしたので不安は、すぐなくなりました。
 図書館員の仕事で私が一番やりたかったのは、カウンターの仕事でした。カウンターをする前に別の場所で練習をしました。
 そして本番です。
やり方に、少し不安があったけど図書館の人が一緒にやってくれたのでスムーズにできました。
 次の仕事は、返された本を、本だなに戻す仕事でした。あったところを探すのは大変だったけど、図書館の人は戻すのが早かったです。なれてるんだなと思いました。
 その次は、自分が持ってきた本をフィルムで、カバーをしました。機械を使うのかな?と思っていたけど手作業で本のサイズをはかったり、フィルムを切ったりしました。
 そして、本の表紙に空気を入れないようにして、はりつけていきます。それはすごくむずかしかったけど、お手伝いしてもらってキレイにできあがりました。
 図書館には地下室があって、そこには、あまり、人気のない本がたくさん入っています。そこの本も50音順にならべてあって、探すことがかんたんになっています。
 次にビデオを借りにきた人のために、ビデオをセットします。テレビをまちがえないように番号が書いてあって、私が見た事のないような、大きなディスクをデッキに入れます。どうしてあんなに大きなディスクなのかなと思いました。
 最後の30分位は、カウンターで、返却と貸出の仕事をしました。バーコードリーダーでバーコードを読み取ります。その仕事が一番楽しかったです。
 あっというまの三時間の体験でした。
 図書館の事が少し分かるようになりました。
 いつもごくろうさまです。
 これからもがんばってください。
 来年も体験したいです。


 【夏休み子ども一日図書館員体験感想文 その5】
[トップページへ]

NPO法人 リーブルの会
〒 300-1211 茨城県牛久市柏田町3304-1(牛久市立中央図書館内)
TEL 029-871-1400 FAX 029-873-5374