Welcome Ushiku Community Net

NPO法人 リーブルの会



     【記事詳細表示】
夏休み子ども一日図書館員体験感想文 その1 [2010年 9月 6日]


8月3日(火)から6日(金)まで、市内の小学5・6年生15人が、夏休み子ども一

日図書館員として、カウンターでの貸出、返却、本のフィルムコートなど

を体験しました。体験終了後書いてくれた感想文を、5回に分けて掲載しま

す。


   【初めての図書館員体験】   中根小 五年  中尾 衣里

 私は、「一日図書館員」を体験しました。

 リーブルの会の方に教えてもらいながらブックコート、カウンターでの貸

し出し・返きゃくをしました。

 ブックコートでは、すごい!と思ったことが二つありました。

 一つ目は図書館全部の本にていねいにブックコートがされているというこ

とです。実際に自分の本をブックコートしてみて、空気を入れないように気

をつけながらカバーをかけるのが、どれだけ大変かが分かりました。

 二つ目は、本の種類によって、ブックコートの仕方がちがうことです。特

に紙しばいや雑誌のブックコートはいろいろな工夫があり、感心しました。
 
 カウンターでの貸し出し・返きゃくでは、利用者にすばやく対応すること

がむずかしかったです。
 
 貸し出しでは、カードをあずかり、本をバーコードリーダーでよみとり、

返す日付が書いてあるレシートを出します。私は、今でもよく図書館を利用

していましたが、貸し出しの方法を改めて知ることができました。

 返きゃくでは、返された本を分類ごとにカウンターの後ろの車輪つきの本

だなにも分けておかなければいけません。本が細かく分類されていて、びっ

くりしました。

 書庫を見せてもらいました。書庫には、館全体のやく三十万さつのうち、

やく十二万さつがあるそうです。そんなに本があるなんて知りませんでし

た。

 いつもは、なにげなく利用している図書館ですが、裏にはたくさんの工夫

があり、私たちのためにたくさんの人が、働いていることを知りました。と

ても良い体験になりました。




夏休み子ども一日図書館員体験感想文 その1
[トップページへ]

NPO法人 リーブルの会
〒 300-1211 茨城県牛久市柏田町3304-1(牛久市立中央図書館内)
TEL 029-871-1400 FAX 029-873-5374