Welcome Ushiku Community Net

傾聴ボランティア ちわわ



     【記事詳細表示】
2018年12月15日  脳科学者 川島隆太さんの講演会 土浦県南生涯学習センター  [2018年12月23日]
2018年12月15日  脳科学者 川島隆太さんの講演会 土浦県南生涯学習センター 
「脳を知り、脳を育み、脳を鍛える」東北大学加齢医学研究所所長 川島隆太講師
                   ことさん ここあ出席(文も)

以下 講座の概略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高齢者という概念をやめる〜 日本が一番の高齢化 イタリアドイツが後を追っている
アンチエイジング〜 年を取るということは病気であり 年を取るということは醜い
この言葉をやめてスマートエイジングという言葉を普及したい。
スマートエイジングとは 加齢現象は成長であり、より賢くなることである。
加齢は何かを得ることである。加齢は人間の発達である。

認知刺激〜 脳を使う習慣
運動  〜身体を動かす習慣
栄養  〜バランスのとれた栄養
社会性 〜人と積極的に関わる習慣

認知症〜 高齢者が増えたからというわけではなく 発生率も増えている。
経済的損失 14.4兆円。
夕食に何を食べたのかを 思い出せないというのは良い忘れ方。夕食を食べた事をすっぽり思い出せないのが悪い忘れ方。
アルツハイマー というのは アミロイドベータ とタウ蛋白が脳に溜まる事が原因。
アミロイドベータは40代前半から溜まっている。
認知機能を維持・向上し、認知症を予防する事が重要。
左 前頭葉 メタ認知〜 認知トレーニング 
頭の回転速度が落ちる。 動作が遅くなる。 とっさに行動できなくて慌てる。
言葉が出てこない。 判断が遅くなる。
単純計算や 音読による情報処理速度の訓練が成果をあげている。
情報を素早く処理する力 状況を素早く適切に判断する力  物事を素早く理解する力 この能力が向上すると 感情を抑制する力 注意力 論理的 記憶力が高まる。
トレーニングの例〜 800文字の 新聞をまちがってもよいのでなるべく速く読む。 
1日3分から5分。(社説など)学習療法〜 高齢者専用教材あり

睡眠〜睡眠の深さが重要 高齢者は浅くなる。
睡眠不足が細胞内でエネルギーを作っているミトコンドリアの機能を低下させる。
加齢とともに睡眠不足となる高齢者はエネルギーが上手に作れなくなるので疲れやすくなる。又脳の細胞でもエネルギーが上手に作れなくなるので学力も低下する。
朝食 はブドウ糖(ご飯・パン)だけではなくおかずも食べる。おかずの品が多い方が脳を活性化させる。 おかずが多いほど成績が良くなる。

学生のスマホの考察〜寝てない子は脳内の海馬も小さい。海馬は認知症のバロメーターであり萎縮しているのは将来の認知症が危惧される。
又調査をするとスマホを使っていること自体が成績を下げている事がわかる。インターネット使用頻度が高いほど脳全体の発育が悪くなっている。スマホをたくさん使うと 勉強をしても努力が実らない社会人となる可能性がある。(追跡調査をして実証した)

参考文献「読書がたくましい脳を作る」くもん出版 川島隆太著
     「スマホが学力を破壊する」集英社新書 川島隆太著
[トップページへ]

傾聴ボランティア ちわわ